友だち追加

担当者直通LINE

ご挨拶

平成3年に創業をし、お客様、防水材メーカー様、商社様、職人さんに支えられおかげさまを持ちまして27年の節目を迎える事が出来ました。
防水業に入ったばかりの頃から振り返ると、一番考えさせられたのは雨漏りの根本的原因を探すのが難しいものがありました。しかし、雨漏りを解決していくにつれて防水の奥深さに魅せられて現在に至ります。
雨漏り物件をやっていくにつれ、同業者がやったとは思えない物件がただありました。
用途外の材料を使用をし事故を起こす業者や知識がなく工法選択を間違えて施工する業者等のトラブルになっている物件、他社が行った施工困難な物件等の施工依頼を頂きます。
お陰様をもちまして技術力も年々向上しております。
今後も一件一件の現場を大切にしより一層技術の向上に努めて参ります。

防水工事とは?

防水工事は建物の屋上、バルコニー(ベランダ)、浴室、水槽等に水が浸入しないように不透水性の膜(水を通さない膜)を施工して建物外部からの水の侵入を防ぐために行う工事を防水工事といいます。

防水層には代表的なものですとアスファルト防水層、改質アスファルト防水層、合成高分子系シート防水、塗膜防水等があります。
改修工事に使われるのは既存防水層によりますが主に合成高分子系シート防水の塩化ビニル樹脂系シート防水、塗膜防水のウレタン系塗膜防水が主に使われます。

施工事例

大学 屋上 防水工事

施工前
 
施工後

店舗付き住宅 屋上 防水工事

 
施工前
  
施工後

工場 屋上 防水工事

施工前
 
施工後
施工前
 
施工後

DIY

防水工事は費用が掛かりますので、雨漏りは止めたいけれど費用がを考えるとDIYで直したいとご自身で応急処置をされるお客様もいらっしゃいます。
正しい処置の仕方なら改修の時も新規の防水層も相性がいいので、既存の防水層が著しく劣化(シート防水ですと柔軟性がなくパリパリだったり、引っ張るとすぐに切れてしまいそうなど)してなければ既存の防水層を撤去せずに済みますので費用が安くなります。
しかし間違えた方法で直されてしまうと改修工事の際応急処置した所が新しい防水層と相性が悪く、防水層ごと撤去しなくてはならないケースがあり費用が増してしまうケースがあります。
よくある事例を1つご紹介させていただきます。
失敗例
シーリング材にも色々種類がありますので用途に合った材料を選んでください。よく間違われるのがシリコーン系の材料を防水層に塗られてしまうお客様が多数いらっしゃいます。浴室にも使われるし、ツルツルしてるから雨水も弾いてくれそうなイメージでシリコーン系をお使いになられるそうです。
シリコーン系は外の紫外線に耐えれるように作られていませんので油分が多く出てしまいます。シリコーン系は新規の防水層と相性が非常に悪いのでシリコーン系は使わないでください。
ホームセンターにウレタン系や変性シリコンが売っていますので直されるならウレタン系、変性シリコンをお勧め致します。
また施工される際は施工する範囲周辺もをきちんと清掃をしてください。周囲が汚れないように施工範囲に応じてマスカー又は養生テープをで養生してください。その後にシーリング材用のプライマーと塗布して乾いたらシーリング材を充填して、ポリベラ又はゴムベラで押さえてください。
きちんとポリベラ等で押さえないと材料が防水層とくっつかないので塞いだことにはなりません。また1番重要なことは、きちんと施工範囲周辺清掃をすることが重要です。ポリベラ等で押さえたときゴミを引っ張ってきてしまい縦筋や接着不良になりますので必ず清掃をしっかりしてから施工してください。
防水工事は清掃から始まり清掃で終ります。防水業は埃や小さいゴミが沢山あると施工不良や仕上がりに出てしまう為、新人の職人さんは施工に携わらせる前にまず掃除の仕方を徹底して教え込みます。職長さんやベテランの職人さんが見て掃除が甘いと何度も掃除のやり直しをさせます。作業終了後は清掃しないと次の日ゴミが防水層に付着してしまいますので、作業終了後の清掃も徹底させます。少し話はそれましたが、防水を施工する時はきちんと清掃することも重要です。きちんと施工すれば費用も抑えられるので是非応急処置もチャレンジしてみてください。

雨漏りした屋根を放置してると?

下地が傷んでラス網が浮いてる
 
下地が傷み、広く深いクラックが発生している
雨漏りしたらなるべく早くに対処する必要があります。
初期の状態であれば既存の防水層の部分補修で済むケースが多いです。放置をしていると防水層のみが傷むだけなら傷んでいるところを撤去して新しい防水層を施工すればいいのですが、下地や躯体までボロボロに腐ってしまうと躯体から直したり、下地から直さなければいけないので費用がその分増します。建物は気温により伸縮しますのでクラックや防水層の欠損部があるのに放置をしていると伸縮の動きによって下地のクラックが大きくなり水がどんどん侵入すやすくしてしまったり、冬になるとクラックに侵入した水が凍り、膨張しますので何度も繰り返すとクラックが広がり雨水の侵入量は増え、状態も悪化していきます。
上記の写真は雨漏りの対処が遅かった為下地が浮いてしまい下地を撤去している写真です。ラス網が出てしまったりクラックが大きく深く入っていますので下地を直す作業から入りました。
防水は雨漏りしても少ししか漏れてないから我慢しようは危険です。DIYで補修したり、手に負えない場合は専門業者にご相談ください。

防水工事の種類

防水名 標準対応年数 価格 厚さ
ウレタン防水 ※ 10年 高い 3mm~
シート防水(塩ビシート) ※13年 安い 1.5mm~2.5mm
シート防水(ゴムシート) ※13年 安い 1.2mm~2mm
FRP防水 ※10年 高い 5mm~10mm
アスファルト ※13年~17年 高い 5mm~10mm

※メンテナンス頻度により計算式が異なります。ご希望の方はお問合せ下さい。

注)上記の年数と保証期間は異なります。また工法と仕様により保証期間は異なります。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

TEL:049-233-2123

※本フォームではご質問・ご意見を24時間いつでも受け付けております。
※お問い合わせへの返信は9時~21時までの間にさせていただきます。
(お送りいただいた内容によっては返信までにお時間がかかることがございます。ご了承ください)

埼玉/上尾市(あげおし)朝霞市(あさかし)伊奈町(いなまち)入間市(いるまし)小鹿野町(おがのまち)小川町(おがわまち) 桶川市(おけがわし) 越生町(おごせまち) 春日部市(かすかべし)加須市(かぞし)神川町(かみかわまち)上里町(かみさとまち)川口市(かわぐちし)川越市(かわごえし)川島町(かわじままち)北本市(きたもとし)行田市(ぎょうだし)久喜市(くきし)熊谷市(くまがやし)鴻巣市(こうのすし)越谷市(こしがやし)さいたま市(さいたまし)坂戸市(さかどし)幸手市(さってし)狭山市(さやまし)志木市(しきし)白岡市(しらおかし)杉戸町(すぎとまち) 草加市(そうかし)秩父市(ちちぶし)鶴ヶ島市(つるがしまし)ときがわ町(ときがわまち)所沢市(ところざわし)戸田市(とだし)長瀞町(ながとろまち)滑川町(なめがわまち)新座市(にいざし)蓮田市(はすだし)鳩山町(はとやままち)羽生市(はにゅうし)飯能市(はんのうし)東秩父村(ひがしちちぶむら)東松山市(ひがしまつやまし) 日高市(ひだかし)深谷市(ふかやし)富士見市(ふじみし)ふじみ野市(ふじみのし)本庄市(ほんじょうし)松伏町(まつぶしまち)三郷市(みさとし)美里町(みさとまち)皆野町(みなのまち)宮代町(みやしろまち)三芳町(みよしまち)毛呂山町(もろやままち)八潮市(やしおし)横瀬町(よこぜまち)吉川市(よしかわし)吉見町(よしみまち)寄居町(よりいまち)嵐山町(らんざんまち)和光市(わこうし)蕨市(わらびし)東京都/ 昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、新宿区、足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区